矯正治療

1)矯正治療の意義

(1)健康の観点から

  • 歯並びが良くなることで、歯ブラシの効果が圧倒的に向上します。したがって短時間の歯磨きで虫歯や歯周病を予防する効果が得られます。
    teath4 teath5
     ↓治療後
    teath6 teath7
  • 咬み合わせが原因となる顎関節症やそれに伴う肩こり、耳鳴りなどの症状が起こるリスクがなくなります。
  • かみ合わせが原因しての頭痛や肩こりから解消されます。

 

(2)審美の観点から

  • 人と話す時に最初に見るのが目、次に見られるのが口(歯と口もと)です。また、コメディアンなどが歯を黒く塗って笑うことで自らを落とす演出をします。つまり、歯並びがきれいになることで顔の印象がよくなります。
  • 前歯の位置を最適化することによって口唇の位置を変化させ、横顔がきれいになります。
    teath8teath9 teath10teath11
     before after

 

(3)矯正治療のデメリット

  • 装置装着中きちんと歯磨きができないと虫歯になりやすくなります。
    teath12 teath13
  • 治療期間中一次的に軽い痛みを伴うことがあります。

 

2)矯正治療の時期について

一期治療(混合歯列期);6才臼歯と切歯がはえたところで行います。
基本的に一期治療が必要になるのは、反対咬合(受け口)、重度の上顎前突(出っ歯)、咬頭干渉(上下の永久切歯がぶつかっている)などの咬合異常が認められる場合です。

時期としては6~8才となりますが、この他の症例でも治療が必要であったり、症例によって多少時期が前後しますので、まずはこの時期での受診をおすすめします。

二期治療(永久歯列期):永久歯が生え揃った時期に行います。

  • 上顎骨と下顎骨では成長の時期に差があります。したがって上顎前突では下顎の大きな成長が始まる前に、下顎前突では下顎の大きな成長が落ち着くのを見計らって治療を開始する傾向があります。
  • 成人期に治療を行うよりも動きが早く治療目標も高く設定できます。また口腔内環境の変化にたいする順応性の高いので、不快感が軽度ですんだり、装置撤去後の安定性がよくなる傾向があります。
  • ただし、歯の生え方などの影響で治療開始時期は多少前後します。したがって早めの受診が望まれます。

成人期の治療:

  • 基本的に何才でも治療は可能ですが、成長期ほどの効果が得られなかったり、期間が長くかかる傾向があります。
  • インプラント等の特別な装置を使用することがあります。

 

3)当院の特徴

  • 当院では上記のように治療時期を明確に分けることで治療期間(装置装着期間)をできるだけ短くしています。
  • 当院では既製のワイヤーなどはほとんど使わず、患者さん一人一人にあったワイヤーを制作して装着する方法をとっています。
  • 当院の矯正治療は、きれいに歯が並び、きちんと咬めて、さらに顔も美しく、ということに目標をおいています。

 

4)矯正治療の料金について

一期治療;30万円前後
二期治療および成人期;70万円前後
一期と二期治療の両方行った場合;80万円前後

  • 当院の料金は国立大学料金規定にほぼ準じたものです。
  • 料金は使用する装置、治療期間によって多少前後します。
  • 初診矯正相談料は無料です。

 

矯正担当医 矯正専門医
歯学博士  飯島健二 先生
(新潟大学大学院卒)