福島市の歯医者 医療法人 末永歯科医院 歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 義歯(入れ歯)

金属を使わない治療~金属アレルギーの方や銀歯が気になる方へ~

お口の中の金属、本当に大丈夫?

サンプル画像
あなたの皮膚の湿疹、かぶれ、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、関節痛、慢性疲労は、お口の中の金属の詰め物、被せ物が原因かもしれません。

最近、今まで通っていた歯医者で治療した金属が原因となり、金属アレルギーとなっていることが多いと聞きます。
歯科で使う銀の詰め物や銀歯によって慢性的な症状が続き、あいまいで明確な症状がきちんと出ないため、体内に溶け出した金属が蓄積していって状態が悪化する危険性があります。

特にアレルギーをおこしやすい詰め物

  • アマルガムと呼ばれる詰め物(主成分は水銀)
  • 保険の銀色の詰め物や被せもの(ニッケル、コバルト、パラジウム)

金属アレルギーの可能性

金属アレルギーの可能性
これまでの様々なデータや調査などで、銀歯によるアレルギー発症の可能性が指摘されています。

この金属アレルギーというものは、すぐに症状がでてくるものもあれば、しばらく経ってから症状が出てくるケースがあります。
このようなことから、アレルギーの方は銀歯を外せばアレルギーが治るのかどうなのかということが多く聞かれます。これらを判断するのは大変難しく、湿疹が出て皮膚科に行ってもきれいにならない、体のどこかにできものができる、アトピーが治らないなどの症状がある場合、金属アレルギーの検査を行ったら良いかもしれません。金属アレルギーかもしれない・・・と思われる場合はぜひ一度ご相談ください。
  • 病院に行っても治らない
  • できものができる
  • アトピーが治らない
このような症状や不安な方はご相談ください。

治療に関するお問合せはこちら