福島市の歯医者 医療法人 末永歯科医院 歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 義歯(入れ歯)

低侵襲なインプラント治療(フラップレスインプラント)

フラップレス手術による低侵襲なインプラント治療とは

インプラント治療を行うためには、歯槽骨の十分な幅と深さが必要です。
通常のインプラントとは違い、歯茎を切らずに小さな穴を開けてインプラントを埋入する低侵襲なインプラント治療法です。

適切な位置・深さに埋入するために、CT画像で粘膜下の骨形態や神経の位置を把握し、インプラントを埋入します。

また、フラップレス手術では、切開、剥離、縫合を行わないので、出血や術後の腫れ、痛みなどを軽減することができます。そのため、手術時間や治療期間が短くなることが特徴です。

フラップレス手術のメリット・デメリット

フラップレス手術のメリット

  • 歯肉を切開しないため、術中・術後の腫れや痛み、出血が少なく負担を軽減できます。
  • 切開・縫合の必要がないため、手術時間や治療回数が短縮できます。
  • メスを使わないことにより、患者さんの精神的不安が少なくて済みます。

フラップレス手術のデメリット

  • 歯茎から直接インプラトを埋入するので、歯科医師に確かな経験と技術が必要です。
  • 口腔内の状態や顎骨の質や量によっては、適応にならない場合もあります。

フラップレス手術の流れ

STEP1 診査と治療計画

患者さんの身体の問診と口腔内の状態を診察します。
その後、顎の骨の量と質を記録するため、口の中の型を取り、CT撮影を行います。
この結果に基づき、患者さん一人ひとりに適した治療法を導き出します。

STEP2 手術用ガイドの作製とインプラント体の埋入

コンピュータ上でインプラント治療計画を立てます。
コンピュータによる断層撮影で顎の状態を3D画像で確認して、神経や血管を把握し、インプラントを埋入します。

STEP3 支台(アバットメント)と仮歯の装着

人工の歯の支台となるインプラントの部分(アバットメント)をインプラント体に連結し、仮歯を装着します。
その後、2〜3ヶ月で骨とインプラントが結合するのを待ちます。その間も普通に食事はできます。

STEP4 人工歯の装着

支台に適合し、患者さんの歯の形と色に合わせた人工歯を作ります。
口腔内にぴったりと合うことを確認し、インプラント体の上に取り付けます。

STEP5 治療後の歯磨きと定期検診

治療後は、天然歯と同様に、よくお手入れしてください。毎食後、そして、就寝前に、丁寧に歯磨きをしてください。
歯ブラシは柔らかいものを使用し、定期的に交換してください。
当院の歯科医師の指導の下、定期的なメンテナンスを受けてください。

治療に関するお問合せはこちら