福島市の歯医者 医療法人 末永歯科医院 歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 義歯(入れ歯)

医療法人 末永歯科医院 | 福島市の歯医者さん

  • トップページ
  • 院長紹介
  • 医院紹介
  • アクセス
  • お問合せ

リトリートメントが必要な場合

実際に来院されて治療に至るケースでは、上記の東京都のデータでもそうなっているように、当医院においても80%以上がリトリートメントです。
このリトリートメントの成功率を高めるために、当医院では、2つのアプローチから米国の専門医レベルの技術で提供しています。

根管治療のレッドゾーンは根尖1/3

根管の形態は実に複雑で、曲がっていたり、分岐したりしています。
統計的にも根の先端付近で急に湾曲していることが多いです。
複雑な神経・血管の出入り口は、なんといっても根尖1/3が、この治療のレッドゾーンとなっています。

レッドゾーンへのアプローチ方法

イニシャルトリートメントがうまくいかず、この部分に問題が出た場合、根尖部に外科的に直接アプローチするのが外科的歯内療法です。
膿の袋が多きい場合やクラウンやコアを種々の理由で外せない場合、もしくは患者さんの希望で外したくない場合などは、外科的歯内療法の適応です。

エンドドンティック・マイクロサージェリー(現代的な外科的歯内療法)

外科的歯内療法では、歯肉を切開して根尖部へ直接アプローチすることで、問題となる根の先端をカットします。
ただし、侵襲を最小限にしなければいけません。
そのために米国発のマイクロサージェリーが効果をあげています。
マイクロスコープをはじめ、マイクロメスやマイクロミラーといった特殊な道具を使用します。
※逆根管充填材料にはMTAという特殊な薬剤を用います。

治療に関するお問合せはこちら