福島市の歯医者 医療法人 末永歯科医院 歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 義歯(入れ歯)

医療法人 末永歯科医院 | 福島市の歯医者さん

  • トップページ
  • 院長紹介
  • 医院紹介
  • アクセス
  • お問合せ

歯周病治療・再生医療

ご自身の歯を残せる可能性がまだあります。

永久歯は親知らずを除くと全部で28本あり、何でも食べることができる歯の数は20本と言われています。
そこで歯を失う原因はというと歯周病が第一位です。
実に成人の8割が歯周病にかかっている我が国では残念ながら歯周病の正しい知識と予防への意識が低いと言わざるを得ません。成人の8割と聞くと驚くかもしれませんが西洋では歯周病はsilent disease(静かな病)とも言われ静かにあなたに忍び寄ります。そして気がついた頃(症状が顕著に出た頃)にはもう歯がグラグラで抜かなければ行けない状況という残念なことが起こります。
当院では、ご自身の歯を1本でも多く残したいと考えている方に、歯周病治療、そして重度の歯周病の方や歯周外科処置、そして再生医療(エムドゲン)歯周組織再生法など詳しくご紹介いたします。

歯周病と「8020運動」について

歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」のふたつに分けられます。
歯肉炎は歯ぐきだけに炎症がおこる程度で、正しいブラッシングをすれば治る程度のものです。
歯周炎は炎症が内部まで広がり、歯槽骨の破壊が進む怖いものです。
厚生労働省は「健康日本21」という国民健康づくり運動を推進しています。
歯科保健分野では80歳までに20本の歯を残す「8020運動」が1992年から推進されてきました。
「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
歯が抜けるのは決して老化現象ではありません。歯周病は感染症ですのできちんと理解してコントロールして行けばあなたも80歳で20本も夢ではありません。
ご自身の歯を抜くようなことが無いように、もし異常があった場合、現在の歯科医療では、どこまで歯を残せるのか手法などを詳しくご紹介いたします。

治療に関するお問合せはこちら