福島市の歯医者 医療法人 末永歯科医院 歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 義歯(入れ歯)

医療法人 末永歯科医院 | 福島市の歯医者さん

  • トップページ
  • 院長紹介
  • 医院紹介
  • アクセス
  • お問合せ

骨が足りない方へ

インプラント治療を行うためには、歯槽骨の十分な幅と深さが必要です。
インプラント治療を行うためには、歯槽骨の十分な幅と厚みが必要です。
当医院では、GBR法(骨再生誘導法)・サイナスリフト・ソケットリフトなどを行い、インプラントを埋入することが可能なので、もし、他医院で「歯槽骨が足りないのでインプランができない。」など言われた場合でも、是非お気軽にご相談ください。

骨造成法の種類

GBR法(骨再生誘導)

骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。
歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨や骨補填材を入れ、その上にメンブレンという人工膜をかぶせることで、骨の再生が促進されます。
メンブレンには吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合は、吸収性のものを使い、骨欠損の大きい場合は、非吸収性のものを使用します。
個人差がありますが、約4~6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントが安定します。

ソケットリフト

ソケットリフトは、上顎洞に移植骨や骨補填材を注入し、上顎洞の底部分に新たな骨を造り、歯槽骨の厚みを増す治療法です。
治療法は、インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げ、移植骨や骨補填材を注入するので、傷口が小さくて済み、術後の腫れもほとんどありませんが、この手法の場合骨を増やす量に限界があります。

サイナスリフト

歯槽骨が4mm以下の場合には、ソケットリフトで対応することが出ないため、サイナスリフトで対応します。
サイナスリフトは、上顎洞の横の骨に穴を開け、移植骨や骨補填材の注入を行ので、手術の侵襲が大きく治療期間が長いのですが、ソケットリフトと比較し骨を多く増やすことができます。

治療に関するお問合せはこちら